服の寿命を延ばす秘訣

お気に入りの服で悩んでしまうのが、洗濯などのお手入れ方法。プロの力に頼りたいところですが、服を着るのは毎日のことですからそのたびにクリーニングを利用するというわけもいきません。そこでこちらでは、ご自宅でカンタンにできる服の寿命を延ばす秘訣をご紹介しています。ぜひ試してみてくださいね。

ハンガーに一工夫で伸びない干し方

ハンガーに一工夫で伸びない干し方

肩が伸びてしまうからと敬遠されがちなワイヤーハンガーですが、ちょっとした一工夫で便利なアイテムに早変わり。ハンガーの端に布を巻いたり、フルーツを包むネットを巻いたりして丸みをつけることで、肩の伸びを防ぐことができます。また、袖の重みによる型くずれを防ぐためにも、袖をあげるようにしましょう。乾きは遅くなりますが、型くずれの心配がありません。

洗濯表示を確認する

洗い方、干し方次第で大事な服の長持ち具合が変わってきます。服についている洗濯表示を確認して、正しい管理で長持ちして下さい♪

2016年12月から洗濯表示が変わりました

洗濯表示のご紹介

※国内の洗濯表示一覧(JIS)に関して記載しています。

(新)洗濯表示一覧(2016年12月~)

洗濯表示一覧(~2016年12月)

(新)洗濯表示一覧 (2016年12月~)
洗濯処理
  • 液温は、95℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
  • 液温は、70℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
  • 液温は、60℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
  • 液温は、60℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
  • 液温は、50℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
  • 液温は、50℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
  • 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
  • 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
  • 液温は、40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる。
  • 液温は、30℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯処理ができる。
  • 液温は、30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる。
  • 液温は、30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる。
  • 液温は、40℃を限度とし、手洗いによる洗濯処理ができる。
  • 洗濯処理はできない。
漂白処理
漂白処理
  • 塩素系及び酸素系漂白剤による漂白処理ができる。
漂白処理
  • 酸素系漂白剤による漂白処理ができるが、塩素系漂白剤による漂白処理はできない。
漂白処理
  • 漂白処理はできない。
   
タンブル乾燥処理
タンブル乾燥処理
  • 洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。
    高温乾燥:排気温度の上限は最高80℃
タンブル乾燥処理
  • 洗濯処理後のタンブル乾燥処理ができる。
    低温乾燥:排気温度の上限は最高60℃
タンブル乾燥処理
  • 洗濯処理後のタンブル乾燥処理はできない。
   
自然乾燥処理
自然乾燥処理
  • つり干し乾燥がよい
自然乾燥処理
  • 日陰でのつり干し乾燥がよい
自然乾燥処理
  • ぬれつり干し乾燥がよい
自然乾燥処理 日陰でのぬれつり干し乾燥がよい
自然乾燥処理
  • 平干し乾燥がよい
自然乾燥処理 日陰での平干し乾燥がよい
自然乾燥処理
  • ぬれ平干し乾燥がよい
自然乾燥処理 日陰でのぬれ平干し乾燥がよい
アイロン仕上げ処理
アイロン仕上げ処理
  • 底面温度 200℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。
アイロン仕上げ処理
  • 底面温度 150℃を限度としてアイロン仕上げ処理ができる。
自然乾燥処理
  • 底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げ処理ができる。
自然乾燥処理 アイロン仕上げ処理はできない。
ドライクリーニング処理
ドライクリーニング処理
  • パークロロエチレン及び記号Ⓕの欄に規定の溶剤でのドライクリーニング処理a)ができる。
    通常の処理
ドライクリーニング処理
  • パークロロエチレン及び記号Ⓕの欄に規定の溶剤でのドライクリーニング処理a)ができる。
    弱い処理
ドライクリーニング処理
  • 石油系溶剤(蒸留温度150℃~210℃、引火点38℃~)でのドライクリーニング処理a)ができる。
    通常の処理
ドライクリーニング処理 石油系溶剤(蒸留温度150℃~210℃、引火点38℃~)でのドライクリーニング処理a)ができる。
弱い処理
ドライクリーニング処理
  • ドライクリーニング処理ができない。
   

注a)ドライクリーニング処理は、タンブル乾燥を含む。

ウエットクリーニング処理
ウエットクリーニング処理
  • ウエットクリーニング処理ができる。
    通常の処理
ウエットクリーニング処理
  • ウエットクリーニング処理ができる。
    弱い処理
ウエットクリーニング処理
  • ウエットクリーニング処理ができる。
    非常に弱い処理
ウエットクリーニング処理 ウエットクリーニング処理はできない。
洗濯表示一覧 (~2016年12月)
洗い方(水洗い)
液温は95℃を限度とし、洗濯ができる
液温は60℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる
液温は40℃を限度とし、洗濯機による洗濯ができる
液温は40℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい
※弱い手洗い…振り洗い、押し洗い、つかみ洗いなど
液温は30℃を限度とし、洗濯機の弱水流または弱い手洗いがよい
※弱い手洗い…振り洗い、押し洗い、つかみ洗いなど
液温は40℃を限度とし、弱い手洗いがよい(洗濯機は使用できない)
※弱い手洗い…振り洗い、押し洗い、つかみ洗いなど
水洗いはできない
塩素漂白の可否
塩素系漂白剤による漂白ができる
塩素系漂白剤による漂白はできない
アイロンのかけ方
アイロンは210℃を限度とし、高い温度(180℃から210℃まで)でかけるのがよい
アイロンは160℃を限度とし、中程度の温度(140℃から160℃まで)でかけるのがよい
アイロンは120℃を限度とし、中程度の温度(80℃から120℃まで)でかけるのがよい
アイロン掛けはできない
ドライクリーニング
ドライクリーニングができる。溶剤は、パークロルエチレンまたは石油系のものを使用する
ドライクリーニングができる。溶剤は、石油系のものを使用する
ドライクリーニングはできない
絞り方
手絞りの場合は弱く、遠心脱水の場合は、短時間で絞るのがよい
絞ってはいけない
干し方
つり干しがよい
日陰のつり干しがよい
平干しがよい
日陰の平干しがよい

ユニバーサルファッション商品カタログ